HOME > PROFILE

cchp-009.jpg

ツカモト ミカ

書家

富山県富山市生まれ
富山県在住
8歳から書を学ぶ
活動内容:古典の臨書・書の創作活動・墨のアート・題字・ロゴの制作
高岡市・富山市・砺波市・射水市にて書道教室を主宰


書の作品を作っています。
書道は臨書に始まり、その臨書を継続することからたくさんのことを学びます。

雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうじょ)という法帖には
宇宙・天地・陰陽・虚という言葉が出てきます。
この法帖で筆遣いや文字の形を学ぶと同時に文章を理解することで
時を超えても人間の考え方や生き方には共通するのだと知りました。

先人が残し伝えてくれた古典を模し理解をすることから
己を知り己に生かすことができるようになりました。

空海も王羲之(おうぎし)や顔真卿(がんしんけい)の字を学んだと知り
自分も空海に近づきたいという思いから『風信帖』『漢頂記』(空海書)の臨書をしています。

そしてそこから、自分の気持ち・願い・考えを自分の書で伝えています。

私にとって書道とは人生の道しるべであり自分を表現できる言葉です。